沖縄の民意を蹂躙する安倍政権の横暴。高江での防衛局の法を無視する工事強行。

  全国から動員された機動隊による目を覆うばかりの暴力、蛮行。

 黙って見過ごすことはできません。

    私たちヤマトの人間が、きょうからでもできることをやっていきましょう。 

 

沖縄発の情報をピックアップしリンクしています。

随時更新していますので、最新情報を是非ご覧下さい

 

  → 沖縄関係ニュース動画など


8月18日(金) 山城博治さん 来岐!

   山城博治さん 沖縄の闘いを語る


と き:8月18日(金)  18時30分~20時30分18時開場)
ところ:ワークプラザ岐阜5階ホール

                            (岐阜市鶴舞町2-6-7 TE 058-245-2411  / 地図
参加費:500円 

主催: 岐阜総がかり行動実行委員会      
    https://gifu-sougakarikoudou.jimdo.com/

 

※ 翌19日の《岐阜総がかり行動-第7弾」の集会でも発言も頂きます。

 集会:10:30~11:00        

       岐阜市金公園 

 



「沖縄パンフレット」について

あなたの行動が”沖縄の民意”を支える

このパンフレットを本土の心ある人たちに1冊でも多く届けたいと考えています。

 2017年1月27日UP  「普及活動」を再開します。

 辺野古座り込み現地で(*)、増刷分から250部を入手しました。「普及活動」を再開します。   

 *2017.1.23~26  辺野古に行きました。 代表の呟き 参照

  見本や価格、お申込方法、お支払い方法は

   → 「沖縄パンフレット」ご案内

 


是非拡げて下さい!

DVD「いのちの森 高江」 

     (ドキュメンタリー映画62分)

 

高江の歴史、自然、現状がコンパクトにまとめられています。とても暖かい優しい表現の作品です。

ミニ学習会などで周囲の人に拡げて下さい。

ユーチューブにアップされているプロモーションビデオ(約10分)だけでも見る価値があります。

   

いのちの森 高江(プロモーションビデオ 約10分)
https://www.youtube.com/watch?v=Vun5jCn1DBw

 

問合せ:文化工房 慶  bunkakoubou-kei@yahoo.co.jp 


必見!「それってどうなの? 沖縄の基地の話」サイト

 

沖縄をめぐり、まことしやかに語られる「話」は本当なのか。

沖縄国際大学の佐藤学教授や琉球大学の島袋純教授ら大学教授やジャーナリストの屋良朝博ら9人が執筆者となり「沖縄米軍基地問題検証プロジェクト」として編集・発行した。一冊100円で今まで45000部が発行され、現在5000冊増刷中。

 

沖縄米軍基地問題検証プロジェクトのブログ
http://okidemaproject.blogspot.jp/

 

から目次毎に個々の検証をみることができます。


現地での行動に参加できる人は是非行って下さい

<辺野古>

防衛局は、辺野古の工事再開に向けて、大浦湾に醜悪で危険な「フェンス」を張り巡らそうとしています。連日海上での抗議行動が続いています。

キャンプシュワブゲート前では、毎週水・木曜日に集中(早朝)行動を行っています。

人がたくさんいれば、作業を中止、あるいは遅らせることができます。

<高江>

高江のオスプレイパッドは、まだ完成していません(無理な突貫工事でオスプレイの離発着がでいるものになっていません)。阻止行動は続きます。

 

◇ 那覇から現地への「足」について  

 平和市民連絡会 http://www.jca.apc.org/heiwa-sr/jp/

 が毎週水曜日に早朝行動のための貸し切りバスを出しています。

 また、毎日、辺野古・高江方面の送迎車も出しています。

 どちらも事前申込が必要です。上記サイトから連絡先などを確認して下さい

 

◇ 海上行動に参加されたいと思う方

カヌーチーム "辺野古ぶるー" のサイト
http://henokoblue.wixsite.com/henokoblue
毎週日曜 "カヌー教室" 参加者大募集とのこと
http://henokoblue.wixsite.com/henokoblue/blank-c202z

  


 

<カンパを!> 

   → 現地カンパ先及び沖縄関係ウェブサイトリンク先

   

(「沖縄と連帯する会・ぎふ」に寄せられたカンパ等から2万円をカンパしました)

  

<抗議先など> 

 防衛省、沖縄防衛局、大阪府警など他府県警察、他に高江の工事、「警備」に関連している機関、企業等

   → 抗議など 


沖縄「市民ビデオ」について

 沖縄で制作された「市民ビデオ」をディスクでお届けします。

 学習会などにご活用下さい。

 

 → 沖縄「市民ビデオ」のご案内